エキテン1位&2位独占中大手口コミサイトで高知の上位1位、2位独占中!!

もし交通事故に遭ってしまったら

交通事故の施術を受ける前に、あなたが必ずやっておかなければならないことがあります。

STEP1. 最寄りの警察へ交通事故の届け出
STEP2. 加害者の情報の確認
STEP3. 現場の記録
STEP4. 加入している保険会社へ連絡
STEP5. 交通事故ムチウチ治療センターへ交通事故の施術を受けたい旨を連絡


STEP1. 最寄りの警察へ交通事故の届け出

sirenまずは、必ず警察に事故の連絡をしてください。警察への連絡をしないと「交通事故証明書」が発行されません。

この証明書はあとあと保険の支払い等に必要ですので、必ず届けを「人身事故扱い」にして下さい。

これを怠ると賠償金が支払われなくなりますので、必ず届けを出してください。

STEP2. 加害者の情報の確認

memo加害者の車検証、免許証を確認しましょう。

住所、名前、電話番号、相手の保険会社、勤務先なども控えておくことが大事です。

相手が無免許だったり、自賠責保険や任意保険にはいっていない場合も考えられます。

警察も確認をしますが、自分でも必ず確認をしましょう。

STEP3. 現場の記録

kakunin人間の記憶は時間がたつと消えてしまいがちです。

鮮明に記憶が残っている間にメモなどの記録を残しておきましょう。

また事故現場の写真を撮っておきます。車等を動かしてしまう前に携帯電話のカメラにおさめておくことをお勧めします。

車対車の場合は、過失割合の時に役に立つことがあります。後でどうだったか悩まないように自分で整理しておきます。

事故にあった日時・状況・相手側の情報・現場にきてくれた警察署と担当の警察官などをまとめておくと便利です。

STEP4. 加入している保険会社へ連絡

soudan加入の保険会社へ必ず連絡をいれましょう。

事故の場合は24時間受付する保険会社がほとんどです。

基本的には費用の支払いや賠償金の請求は相手側の保険会社が窓口になりますが、自分の保険会社に今後どうしたらいいか?ということも聞いてみてもよいと思います。

STEP5. 交通事故ムチウチ治療センターへ交通事故の施術を受けたい旨を連絡

tel保険会社の担当者様に当院で施術する旨を伝えて頂いてもいいですし、当院から保険会社の担当者様に連絡することも可能です。

加害者の保険担当者様がお抱えの機関での継続的な施術を勧めることがありますが、どこで施術を受けるか決める権利はあなたにあります。

指定した機関でないと保険が降りないといった説明をする保険会社もあるようですが、そのようなことはございません。

もしそのようなことでお困りでしたら、一度私たちにご相談下さい。

よくある質問

ひき逃げ事故にあったらどうすれば?

政府が保障してくれる制度があります
ひき逃げに遭った場合、加害者が本来支払うべき損害金を国がてん補してくれる「政府保障事業」という制度があります。
この損害金算定は自賠責基準に準じて支払われます。
この制度は人身事故のみが対象となっています。したがって物損事故には適用されません。
あまり知られてはいませんが、ひき逃げで被害に遭われた方はこちらを請求されることをお薦めします。


相手が自賠責保険に入っていなかったら?

政府が保障してくれる制度があります
事故をした相手の車の自賠責保険が切れていた場合、加害者が本来支払うべき損害金を国がてん補してくれる「政府保障事業」という制度があります。
この損害金算定は自賠責基準に準じて支払われます。
この制度は人身事故のみが対象となっています。したがって物損事故には適用されません。
やはり認知度は低いのですが政府が行っている事業ですので、無保険事故で被害に遭われた方はこちらを請求されることをお薦めします。


政府保障事業への請求を考えているのですが、まず何をしたらよいのでしょう?

自動車事故にあわれたら、直ぐに警察に届けて下さい。
警察に届けていないと、交通事故証明書(自動車安全運転センター)が発行されず、人身事故にあった事実を証明するものがないため、損害てん補を受けられない場合があります。とにかく事故にあったら「警察へ届ける」ことが最重要です。


政府保障事業と自賠責保険(共済)とは何が違うの?


政府保障事業は、損害額の積算方法については自賠責保険(共済)と同じですが、政府保障事業は、自賠責保険(共済)では救済されない被害者の最終的な救済制度であることから、自動車損害賠償保障法の規定により、次のような点が自賠責保険(共済)とは異なります。

・請求できるのは被害者のみです。加害者からは請求できません。
・健康保険や労災保険等の社会保険から給付を受けるべき場合は、その金額は控除しててん補します。
・被害者に損害てん補した時は、その支払った金額を限度として、政府が被害者に代わって、本来の損害賠償責任者に求償することになります。


分からないときはご相談下さい
交通事故に遭ってしまったら、一度心を落ちつけて、しっかりと対応しましょう。何をしたらよいか迷ったら、その場で私たちにご連絡下さい!

交通事故の施術は宮地接骨院グループにお任せ下さい。
無料相談受付中